What's Art College ?
アートカレッジとは

六本木アートカレッジとは「自分にとっての『アート』とは何か?」を、感じ、考え、自分なりのこだわりのあるライフスタイルを確立することを目的に2011年にスタートしました。

パーソナルな時代に必要な、自分の軸、価値基準を創り、自分らしく生きる個人を育む、それが六本木アートカレッジの目的です。

2021

ディレクター

ヤマザキマリ
漫画家・文筆家
漫画家・文筆家。東京造形大学客員教授。1967年東京都出身。
84年に渡伊、フィレンツェ国立アカデミア美術学院で美術史・油絵を専攻。その後エジプト、シリア、ポルトガル、アメリカを経て現在イタリア在住。2010年『テルマエ・ロマエ』で第3回マンガ大賞 受賞、第14回手塚治虫文化賞短編賞受賞。2015年度芸術選奨文部科学大臣賞新人賞受賞。2017年イタリア共和国星勲章コメンダトーレ綬章。
著書に『スティーブ・ジョブス』(ワルター・アイザックソン原作)『プリニウス』(とり・みきと共著)『オリンピア・キュクロス』『国境のない生き方』『ヴィオラ母さん』『たちどまって考える』など。

パンデミックによって世界が動きを止めています。想定外の困難を乗り越えていくためには、身の回りのことに常に疑問を持ち、自分の頭で考え、答えを見つけ出す力が重要です。物理的な移動が制限されるなか、文化芸術をはじめとする様々な表現は、精神に栄養を与え、自分の内側を豊かにしてくれます。多様な価値観に触れることは、自分とは何かを改めて見つめ直すきっかけにもなるのです。
六本木アートカレッジ2021は、多彩なジャンルで表現、発信するゲストと共に、危機を乗り越えたとき、一人ひとりが未来に歩みだすために何が必要か?生きるとは何か?を、1日かけてじっくりと考えます。

Archive

2019年度 シリーズテーマ
“役に立つ”から“意味がある”へ

2019年度
シリーズディレクター

山口 周
独立研究者・著作家・パブリックスピーカー

2018年 シリーズテーマ
「自分と、アートと、ビジネスと。」

2018年度
シリーズディレクター

遠山 正道
株式会社スマイルズ
代表取締役社長

2017年 シリーズテーマ
「ジャンルを超えて 面白く働き、生きる」

2017年度
シリーズディレクター

川村 元気
映画プローデューサー/小説家